新型コロナウイルス、風邪の原理 と 観音ヒーリング

2020.3.14

 

 

新型コロナウイルスの流行は留まることを知らず

 

ますます皆さんの不安が大きくなっていることと思います。

 

 

世間では手洗いやマスク、外出自粛などの予防策が一般的とはなっていますが

 

ウイルス予防で一番肝心なことは、病気に対する正しい認識と

 

健康を増進して免疫力を高めることです。

 

 

ご存じの方もいらっしゃると思いますが

 

今回の新型肺炎は"風邪"の一種です。

 

そこで"風邪"という病気のメカニズムをご説明します。

 

 

ヒーリングについて 1でも述べましたが

 

日々の生活に於いて運動の偏り、食物の農薬、添加物、医療薬の摂取などが

 

積み重なると、血液中に消化されない不要物、老廃物が混じり

 

それらを尿として排出するべく、腎臓へ送られますが

 

人工的に作られた添加物、薬は腎臓では処理できず

 

腎臓外部に上記の毒素が滲み出し、固結します。

 

 

この毒素の固結に圧迫された、腎臓は機能が鈍り

 

尿を正常に処理できず、一部の尿素が溢れだし

 

背中の筋肉に沿って、腰、肩へ移動していきます。

 

身体のむくみや、水が溜まるのはすべてこの現象です。

 

 

日常的に使用する身体の部位に、上記の毒素を含む濁血が集中し、固まります。

 

とくに現代では頭脳を酷使するので、血液の通り道である

 

首、肩が凝り固まっている方が多くいらっしゃいます。

 

 

しかし、人間にはこの汚れの固まりを溶かす力も備わっています。

 

 

固まりが限界に達すると、発熱することによって固結を溶かします。

 

熱が出ると身体の節々が痛んだり、筋肉痛になるのは、溶けた毒結が神経に触る為であります。

 

そうして熱で溶かした膿を、啖や鼻水として、咳やクシャミによって対外へ排出します。

 

体中の膿を 痰として出すのが咳、延髄の膿を鼻水として出すのがクシャミです。

 

 

以上の、身体の汚濁の浄化排出作用が "風邪" と呼ばれています。

 

 

咳をして体の膿を吐く際に、膿が必ず肺を通過しますが

 

身体の汚濁が多く、投薬や安静療法、精神的不安などにより

 

衰弱し、浄化作用が鈍ると、咳をしても痰が出ず空咳となり

 

膿が肺に溜まって呼吸困難となります。

 

この症状を"肺炎"と言います。

 

 

今回の新型肺炎でも、高齢の方や持病のある方に重篤な症状が多いのも、この為です。

 

 

コロナウイルスの感染は、濁血の浄化作用のきっかけであり、

 

もともとの体内の汚濁の量が、症状の重軽を左右します。

 

そもそも病原菌というのは体内の汚濁を餌にして、生存、増殖しますので

 

体内が浄血清浄であれば、感染しにくく

 

感染しても、汚濁の餌がないので、すぐに消滅します。

 

ウイルスが体内の汚濁を清掃する役割を持っているとも言えます。

 

 

つまりウイルスに対する免疫力を上げるには、

 

適度な運動や正しい食生活によって 血液を清浄に保つことです。

 

 

以上は"体的"な説明ですが

 

 

"霊的"には 

 

常日頃の悪行、ネガティブな想念、前世からの罪汚れによって

 

霊体に曇りが生じ 霊が物質化したものが血液であるので

 

肉体的にも濁血となる直接の要因となります。

 

反対に、善行や、感謝の心、正しい信仰によって霊体が浄まれば

 

浄血となり、肉体も健康になります。

 

 

しかし、長年の蓄積により 霊肉共に汚濁が溜まっていると

 

短期間の努力で 清浄な体を 取り戻すのは困難です。

 

まさに今 世界的災害が起こり、この日本にも大清算、大浄化の時が迫っており

 

一刻の猶予も残されておりません。

 

 

今回の世界的なパンデミックは

 

何千年に一度、霊界の昼の時代への転換における

 

"火の洗礼"の始まりであり...

 

キリストが予言した最後の審判

 

お釈迦様が五十六億七千万年後(これは比喩であり、今現在の事です)

 

に弥勒の世がやってくると仰いましたが...

 

五六七(コロナ)、そして霊界の太陽(コロナ)が昇ること...

 

まったく偶然とは思えません。

 

 

今まで何千年間の夜の世界では

 

悪が栄え、皆が神仏や霊魂を信じず、唯物的な、病と争いの絶えない世の中でしたが

 

いよいよ愛と光に満ちた世界がやってまいります。

 

今はその直前の大清算、大浄化の時です。

 

しかし、慈悲深い神様は一人でも多くの人を御救いになろうとしていらっしゃいます。

 

 

 

"Angel"の観音ヒーリングは 私の体を通じて

 

観世音菩薩様からの神霊の力、観音力を

 

受ける人の霊体に注ぎ込みます。

 

火の力である観音様の霊光は 霊の曇りを祓い、肉体の毒結を溶かします。

 

とくに 動物霊の憑依する前頭部、固結の溜まりやすい延髄、首、肩、腎臓、腰

 

に集中して、ヒーリングを行います。

 

ヒーリングの方法は、基本的には直接手を触れずに

 

手かざし、クリスタル、祝詞、ティンシャなどを使い分け

 

さらに 天使の協力も得て、急所を探しながら確実に浄化されるまで行います。

 

 

ヒーリングの時間は、基本的には20分ほど

 

症状が重い場合には、延長することもあります。

 

治療代金は、場所代として2,000円頂きます。

 

観音ヒーリングは何度も繰り返し受けるほど、霊が浄まり、血が浄まります。

 

またエンジェルヒーリングは憑依した霊を浄化しますので

 

両方受けて頂くと、より効果的です。

 

 

また、霊が浄まることで 肉体の健康だけでなく

 

本来の自分を取り戻し、運が開き、人間関係が改善し

 

さらに観音様の威光によって 霊衣(オーラ)が厚くなり

 

災害や事故から守られることに繋がります。

 

 

神霊の実在をなかなか信じられない方が多くいらっしゃると思いますが...

 

もう既に、信じざるを得ない重大な事態が近づいて来ております。

 

一人でも多くの人に"Angel"でヒーリングを受けて頂くことを願っています。

 

 

悪霊に手をかざしている観音様が空に現れて下り、約三ヶ月後...

天使と観音様のお導きにより ”観音ヒーリング” が誕生しました!