身体の健康 と 病気、霊体

2020.1.14

 

人の体は主に "骨"や"筋肉"から成り立っていますが

 

それらを作るもの、その材料を運ぶ重要な役割を果たすのが

 

"血液"を含む体液です。

 

 

人の体の70%は水分でできており、鼓動や呼吸、蠕動運動によって

 

絶えず流動して、栄養を取り入れ、骨や筋肉を作り、老廃物を排出する

 

血液の循環を繰り返し、生命を保っています。

 

 

 

元来、自然物である人の体は、人工的な添加物、保存料、農薬を含む食物や

 

医療薬、漢方薬などを 完全に消化できるように作られておらず

 

消化できない添加物や薬の成分が 毒素として体の中に溜まり、固まって

 

膿、腫瘍や癌となり、臓器や血管を圧迫し、身体の機能、循環が鈍り、病気となります。

 

 

また、血液が老廃物や毒素で汚れると

 

汚物の消化分解の為に 黴菌が発生し、ウイルス性の病気にかかりやすくなり

 

固まった汚物を溶かし、排出する経過として 

 

炎症、化膿、発熱、咳、くしゃみ、嘔吐、下痢、鼻水、痰など

 

痛みや痒みの不快感...病気の症状が 身体の浄化作用として現れてきます。

 

 

ところが、それらの症状を止めるために 薬を使うと

 

一時的に不快な症状が治まりますが、毒素や老廃物の排出を止めてしまい

 

さらに 薬の毒素も体に取り込むことになりますので 

 

根本的には解決にならずに、再発や症状の悪化は免れず

 

薬を飲み続けることによって、身体が本来持っている力が弱まってしまいます。

 

 

 

また、仕事や家事、育児、携帯電話やパソコンの操作、自動車の運転など

 

運動に偏りがおこると、同様に身体の詰まりがおこりやすくなります。

 

とくに現代では 頭脳や目を酷使することが多く 

 

脊髄から延髄に向けて 血液が集中しますので

 

首、肩回り、背中に 毒素や老廃物が溜まり

 

凝り固まって 悩んでいる方が 多くいらっしゃいます。


頭痛、貧血、脳卒中、脳梗塞などの脳の病気や、不眠、躁鬱などの精神病は


肩首の凝りが血管を圧迫して、脳への血液の供給が滞ることから起こります。




つまり 人が健康でいられるためには"血液を循環させて清浄を保つ"ことが もっとも重要となります。

 

血液を循環させているのは 主に心臓の働きによってですが

 

心臓や その他の臓器は いったいどうやって 

 

何によって動かされているのでしょうか?

 

脳からの信号によって…?しかし、その動力はなんでしょうか?

 

 

 

現代の医学では、その原理は解明されておりませんし

 

なかなか信じられない方も 多くいらっしゃるかとは思いますが

 

長年、ヒーリングとスピリチュアルの研究を続けてきた結果

 

肉体を動かしている背後に

 

目に見えない”霊体”と言うべき生命力が存在する事の確信に至りました。

 

 

目には見えなくとも、分子や原子よりもさらに細かい 霊のエネルギーが存在し

 

この霊の気を 常に取り込みながら

 

霊体が肉体を生成し、活動させているのです。

 

 

自己治癒力と呼ばれる、自然に傷を癒す力も

 

この霊体、霊力によって行われています。

 

生き物が亡くなると、動かなくなるのは 肉体から霊体が離れるためです。

 

 

さらに 霊体の中心には霊魂があり、霊魂の元を辿れば

 

命の根源である”神様”がいらっしゃいます。

 

私たちは 根源の神様の分霊であり、そのエネルギーによって生かされております。

 

 

 

 

エンジェルのヒーリングは 霊の源である神様から遣わされた

 

天使や観音様の力をお借りして行います。

 

ヒーリングは 肉体ではなく、霊体に働きかけるので

 

肉体の症状にアプローチする西洋医学的な 対症療法と異なり

 

霊体を浄めることによって、凝りを溶かして毒素の排出を促し、血を浄めるので

 

自己治癒力や免疫を高め、根本的に人を癒します。

 

 

もちろん、ヒーリングを受けても、

 

食事や日々の行いによっては、霊や血が汚れますので

 

生活に対するアドバイスなどもさせて頂きます。

 

皆様が 本来の自分に目覚め

いきいきと生きていけることを 天使とともに 願っています。